宮内建築のつくる家

house_1

ほかにはどこにも存在しない
フルオーダーメイドの家

「そこでどんな暮らしをしたいのか」をとことん話し合って、それを実現できる家を、フルオーダーメイドで作る。それが宮内建築の家づくりです。世の中に同じ家族は二つとないのですから、デザイン、使い勝手、室内の雰囲気、ひとつひとつが違います。施工例を見ていただければ、一目瞭然です。あるタイプがあって、それをちょっといじったバリエーションの量産住宅が多くなっていますが、宮内建築が作る家は、あくまでも「オンリーワン」。そこに住むご家族の「これから」にとって最良の家を追求し、工夫し、作ります。

house_2

確かな技術の裏打ちがあってこそ実現できる
フリースタイルの家づくり

宮内建築が提供するのは「大工が作る木の家」。日本の気候風土の中で、身近にある木をどう使ったら気持ちよく住めるのか、家が長持ちするのかを、日本の大工は長年工夫し続けて来ました。現代にまで連綿とつながるこの伝統技術の蓄積の上に、今の時代の息吹を吹き込み、さらに自由自在な表現をめざします。「伝統の技術でこんな表現までできちゃうの?」とびっくりされるような、スタイリッシュでモダンな家も少なくありません。技術の蓄積に裏打ちとチャレンジ精神があってこそ、より自由な発想での家づくりが、実現できるのです。

house_3

本物の木の家づくりに必要なのは、
無垢材とそれを適材適所に使う技術

宮内建築でいう「木の家」の「木」とは、無垢材のことです。木を材料にして工業製品として加工した集成材や合板は、本物の木ではありません。木の美しさ、強度、肌ざわり、香り、あたたかみ、調湿作用、浄化作用など、木が本来もっている良さは、無垢材であってこそ、発揮されます。ところが、自然素材である無垢材は一本一本に個性やクセがあり、それを見抜き、適材適所に用いる技術と経験が必要となります。そこが「大工がつくる木の家」の真骨頂。木のよさをあなたの家づくりに活かすために、力を発揮します。

house_4

木のもつよさをそのまま材に。
水中乾燥に取り組んでいます

同じ無垢材でも、伐採した生の木をどう乾燥させるかで、材料としての質が変わってきます。高い温度で急激に乾かせば、木の繊維に無理がかかり、木本来の美しさや強度が損なわてしまいます。より良い木の乾燥方法を求め、宮内建築では、研究者や教育機関と協力して「NPO法人甲賀森と水の会」を設立し「水中乾燥」の研究を始めました。これは木をいったん水に漬け、木の管に入っている不純物をすっかり抜いてから引き上げ、ゆっくりと時間をかけて乾燥させるという、伊勢の遷宮でも採用されている方法です。伐採後二年という時間のかかる工程ですが、宮内建築では常に水中乾燥材をストックしています。あとからの割れや変形が少ないだけでなく、杉の赤身の艶っぽさ、檜の緻密な肌合いと輝きなど、美しさが違います。琵琶湖の水源の水を活用し、無駄なエネルギーを使わずに県産材を有効利用することは、環境面でも大切なことなので、積極的に取り組んでいきたいです。

house_5

土壁や石場建ても手がけます

「無垢材手刻み」という宮内建築の基本仕様に加え「さらにより気持ちよく暮らせて、家が長持ちする」ためにお勧めしたい「土壁」と「石場建て」をご紹介します。いずれも、現代の暮らしにも有効な伝統技術でありながら、効率化の流れの中で、やる人が少なくなってしまいましたが、その有効性は、長く残って来た建物が実証してくれています。

ひとつは「土壁」。発行させた藁と水とで練った土を、竹で編んだ小舞下地に塗ることで壁面を作ります。土には木と同様、調湿作用、蓄熱作用があり、エアコンに頼らなくても気持ちのいい、自然な室内環境をつくってくれます。

もうひとつは「石場建て」柱を独立基礎の上に置き、家を基礎に緊結しないやり方です。建物の耐久性を確保し、巨大地震時に地震力の入力を軽減するメリットがあります。このメカニズムを科学的に検証する国の検討委員会にも実務者委員として協力し、数多くのノウハウも蓄積しています。構造計算や法律上の手続きが必要ですが、何例もの実績があるので、安心してお任せください。

house_6

大工として何を次世代につなぐのか?
未来をみすえた家づくり

「百年後の未来に感動してもらえるような風景を自分たちが作れるか?」が自分自身に課している最大のテーマです。物理的に長持ちするだけでなく、世代を越えて住み継いでいこうと思われるような魅力ある家づくりを、つねに心がけていますが、同時に、山を健全に保つこと、技術を受け継ぐ人材を育成することも、大局的に考えていかなくてはなりません。

百年後にも、山に良い木が保つ環境が健全に保たれるために、大工として何ができるか。地域産の無垢材を積極的に使って行くことはもちろん、荒れた山の木でも使っていくことも必要ではないかと考え、自分なりの取り組みとして「四寸角挟み梁工法」を開発、特許も取得しました。

材料だけでなく、技術そのものが生きた形で継承されていくために、弟子をとり、ひとつひとつの家づくりを通して、技術を身につけさせ、磨いていってもらうことにも力を入れています。自分が居なくなった後にも、伝えていくべきものを伝えていくための人材育成と捉えています。

人間の長い歴史の中のほんの数十年間という今生の生の中で、自然と共生し、文化を守るという価値を、大工という行き方を通して伝えていきたいと思っています。