釜座通りの家:現代の京町家

京町家の暮らしを次世代に継ぐ家

新築ですが、もともとそこにあった京都の町家の通り土間の様式や暮らし方を引き継ぎながら、三世代同居が成り立つような形で作りました。住宅密集地での工事だったため、足場を組む周辺の空間がなく、両サイドの壁はあらかじめ作っておいたものを、現場で起こして組み上げるという苦労がありました。

kamanza_01
京町家の玄関は、間口が狭いので、靴箱を玄関土間から浮かして作りました。

kamanza_03
かつての通り土間にあたる長い廊下の壁に、階段の踏み板の端を差し込む溝のラインをずっと奥まで延長して、そのまま意匠としています。

kamanza_04
踏み板の片方の端を壁の溝に差し、もう片方の端は柱にからめることで、踏み板だけが宙に浮いたような階段をつくりました。そのことによって、暗くなりがちな通り土間廊下の明るさや見通しを確保しました。

kamanza_05
廊下の中程、階段の奥に、床の間を設け、季節のしつらえができるようにしてあります。

kamanza_11
玄関を入ってすぐ左手にはダイニングキッチン。お母さんが帰ってくるまでの間に、子供たちはここでご飯をつくっているおばあちゃんと宿題をし、そのまま、夕飯も食べます。

kamanza_06
ダイニングキッチンが終わったところに、採光と外の季節感を感じるしかけとして、坪庭があります。このように人工的に自然をとりこむやりかたは、京町家独特のものです。

kamanza_07
板の間と畳とのハイブリッドの和室。

kamanza_08
宙に浮いた階段をあがって、二階へ。

kamanza_09
二階の子世帯のリビング。

kamanza_10
二階の子世帯の寝室。一階の和の雰囲気とはガラリと違う、モダンな感じに仕上げています。



施工例一覧

  • eyecatch_hayashi

    矢島のLiblos

  • eyecatch_marui

    信楽のまあるい家

  • eyechatch_morita

    北山台のバイク乗りの家

  • eyecatch_kioku

    記憶を継ぐ家:石場建て

  • eyechatch_kurayashiki

    近江八幡の座敷蔵再生

  • eyechatch_yamamoto

    守山市小島町の介護を見据えた家

  • eyecatch_ishiyamadera

    石山寺の空を望む家

  • eyecatch_imadegawa

    今出川の家

  • eyecatch_meshidou

    飯道山を望む家:四寸角挟み梁工法

  • eyecatch_kyomachiya

    京町の家:四寸角挟み梁工法

  • eyecatch_minoya

    南郷洗井堰の離れ 美濃屋:石場建て

  • eyechatch_takahashi

    長浜の家:土壁

  • eyecatch_railway2

    鉄道ファンの夢を叶えた家

  • eyecatch_kitano

    奈良市右京の光あふれる家

  • eyechatch_ohnishi

    国分の家

  • eyecatch_kamanza

    釜座通りの家:現代の京町家

  • eyecatch_araizeki

    南郷洗井堰の家

  • eyechatch_tanaka

    陽明台の家

  • eyecatch_kohga

    甲賀大鳥居の家

  • eyecatch_rittoh

    栗東中沢の家

  • eyechatch_mitsuidera

    三井寺のプロヴァンス風の家

  • eyecatch_shirai

    南草津の家