南郷洗井堰の家

地元産の杉丸太に守られた家

伝統的な構法で建てた家です。すぐ近くの大津南部森林組合の組合長の山から切り出した長い杉をそのまま梁に使うことができました。継ぎ手の無い、丸太のままをやりがんなで仕上げただけの野趣あふれる梁を折り置き組で組んだ力強い木組みは、大胆でなかなかの迫力。この家一番の見どころです。

araizeki_1
越屋根のある瓦屋根が印象的な外観です。この家の最大の特徴である、二本の丸太梁が突き出して、バルコニーを支えているのが分かります。

araizeki_3
玄関を入ると、まず、吹き抜けのある板の間のリビング。キッチンもそのまま続いています。この広い空間を作っているのが、このすぐ近くの山から来た、二本のスギの梁です。

araizeki_5
二本の梁の間が、吹き抜けになっています。

araizeki_4
1階の和室からリビングを見たところ。襖を開ければ、ひとつながりのバリアフリーの空間となります。

araizeki_2
玄関に入ると、頭上に大きなスギの根元付近を活用した丸太の梁が出迎えてくれます。キッチンは。キッチンは、対面式のシンクのついたカウンターを介して、リビングとつながっています。



施工例一覧


  • 矢島のLiblos


  • 信楽のまあるい家


  • 北山台のバイク乗りの家


  • 記憶を継ぐ家:石場建て


  • 近江八幡の座敷蔵再生


  • 守山市小島町の介護を見据えた家


  • 石山寺の空を望む家


  • 今出川の家


  • 飯道山を望む家:四寸角挟み梁工法


  • 京町の家:四寸角挟み梁工法


  • 南郷洗井堰の離れ 美濃屋:石場建て


  • 長浜の家:土壁


  • 鉄道ファンの夢を叶えた家


  • 奈良市右京の光あふれる家


  • 国分の家


  • 釜座通りの家:現代の京町家


  • 南郷洗井堰の家


  • 陽明台の家


  • 甲賀大鳥居の家


  • 栗東中沢の家


  • 三井寺のプロヴァンス風の家


  • 南草津の家