近江八幡の座敷蔵再生

蔵を魅力的な住まいにリノベーション

町並みの顔ともなっている蔵を、外観は変えることなく、粧いを一新しました。元々はものを収納する目的の建物なので、暗かったのを、このように明るくて使いやすい生活空間に作りかえることができるのです。

蔵屋敷の家29
もともとは、家の財産をしまう収納庫としての蔵の一部だけが、蔵座敷として生活空間として使われていました。今回の改築で、収納部分だったスペースに、蔵座敷に住む親を介護しながら子が住めるようにしました。

蔵屋敷の家26
もともとは蔵戸以外には開口部のなかった蔵の1F部分に開口部をもうけ、軒を出して、庇をかけました。手前が、新しく住居として使われるようになった玄関です。

蔵屋敷の家25
蔵の奥の一角が、もともと蔵座敷となっていました。母屋との共通の庭に臨む蔵座敷には、隠居世代が住んでいました。

蔵屋敷の家24
蔵座敷部分は、庭に面する縁側まわりのサッシや軒庇に手を入れたぐらいで、もとのつくりはいじっていません。

蔵屋敷の家23
新しい蔵住居にかけた庇の下には、白い石を敷き詰めました。目隠しの格子の竪桟を斜めに施工したのは、目隠ししながら、光を取り込む工夫です。

蔵屋敷の家20
蔵を新しく住居にした部分。ガラス戸の向こうに、親が住む蔵座敷が続いています。

蔵屋敷の家22
蔵の一階が、明るいリビングダイニングとして生まれ変わりました。

蔵屋敷の家17
蔵戸から入ってすぐのところは、御影石の土間部分。建具を引き込んでしまえば、土間空間とリビングを一体の空間にもできます。

蔵屋敷の家18
建具を締めた状態。乳白色のガラスがはめられた建具は、外からの光をやわらかい明るさに変えてくれます。

蔵屋敷の家2
蔵の二階へとあがる階段を上りきったところ。

蔵屋敷の家11
階段を上りきったところはキャットウォークになっていて、吹き抜け空間を見渡すことができます。

蔵屋敷の家8
蔵も、一階と二階とを完全に分けてしまわずに、吹き抜けやキャットウォークをうあく組み合わせて使えば、明るい住まいとなり得るのです。この蔵を長年支えて来た太い地棟が、新しく住居として生まれ変わった蔵をも、支え続けてくれます。

蔵屋敷の家4
キャットウォークの一方の端を寝室にしました。落ち着いた小部屋です。

蔵屋敷の家9
キャットウォークのもう一方の端は物入れに。立派な地棟をいちばん真近に見ることができる場所です。

蔵屋敷の家
蔵の一角にもうけた音楽室。木に囲まれた空間は、音をやわらかく響かせます。蔵作りで防音効果も申し分ありません。

蔵屋敷の家15
蔵座敷の角から縁側を見たところ。左奥が、改築した蔵住居、右側が、母屋との間の庭となります。

蔵屋敷の家12
前の写真の角を、蔵座敷の内側から見たところ。天井の板や、ベンガラ色に塗られた小壁、漆塗りの縁などが綺麗です。

蔵屋敷の家14
蔵座敷の書院部分。



施工例一覧


  • 東矢倉 石場建ての家


  • 天川の風が吹く家


  • 栗東六地蔵の家


  • ピアノの蔵


  • 矢島のLiblos


  • 信楽のまあるい家


  • 北山台のバイク乗りの家


  • 記憶を継ぐ家:石場建て


  • 近江八幡の座敷蔵再生


  • 守山市小島町の介護を見据えた家


  • 石山寺の空を望む家


  • 今出川の家


  • 飯道山を望む家:四寸角挟み梁工法


  • 京町の家:四寸角挟み梁工法


  • 南郷洗井堰の離れ 美濃屋:石場建て


  • 長浜の家:土壁


  • 鉄道ファンの夢を叶えた家


  • 奈良市右京の光あふれる家


  • 国分の家


  • 釜座通りの家:現代の京町家


  • 南郷洗井堰の家


  • 甲賀大鳥居の家


  • 栗東中沢の家