メッセージ

家づくりとお金

家づくりをする時に、もっとも気になるのがお金のこと。宮内建築がつくる伝統構法の家は、丈夫で長持ちなので、今建てられている家の平均寿命30年をゆうに越す年月、住み続けることができるので、安心です。

滋賀で家をつくるということ

宮内建築の宮内寿和は、琵琶湖を擁する滋賀県で生まれ育ち、この土地で家づくりをしています。だから、この地域にふさわしい家づくりとは何なのかを、常に研究しながら仕事をしています。

美しい建物しか残らない

快適で住みやすいだけでなく、美しく、後世に残したい家。そんな家づくりを、宮内建築は目指しています。

大工の仲間たちへ

宮内寿和は四代目の大工ですが、実は一度、大工を辞めかけたことがあります。けれども、もう1度ゼロからやり直すつもりで家づくりの勉強を始めたことが、今の仕事のスタイルにつながりました。


同じ道を歩む職人たちへ

これから家を建てる人へ

この国に住むすべての人へ