大工がつくる家 宮内建築
家は買うもんじゃない。「誰と造るか」や! 大工棟梁 宮内寿和

あなたのための家づくり

最初から最後まで宮内が責任をもちます

大工の顔が見えない家づくりが多くなっていますが、実際に手を動かしてつくる大工が、住む人の想いを理解していなければ、いい家は造れません。
だからこそ私は、設計者とプランを練る段階から関わります。あなたがどんな生き方、暮らしをしたいのか、しっかりお聞きして、あなたの夢を全力で実現します。

心をこめ、手をかける伝統構法の家づくり

現代では自動工作機械を使ったプレカット材による家づくりが大半ですが、宮内建築では伝統構法で造ります。大工職人が一本一本の木を見て、墨を付け、刻んで、家の形に組み上げる、大工本来の仕事です。
伝統構法とは、木の性質を最大限に発揮する技術で、木の香りのする、気持ちよく、長く住み続けられる家ができます。
そのすべての工程で、あなたの家をどうしたらより良くできるかを考え、工夫し、お客様の想いに応えます。その仕上がりは、機械では決して得られないもの。世界でたったひとつの家を、私と一緒に造りませんか。

宮内寿和

滋賀県大津市に四代続いた大工。時代のプレカット、ハウスメーカーの家づくりをした時期もあったが、一本一本の木を見て、墨付け、手刻みする伝統構法に出会い、それ一筋に。土壁、石場建てなどの伝統的な要素での家づくりを、安全性を科学的に検証する実験や勉強をしながら、実践している。

施工例

伝統構法と一口にいっても、住む人の想いによって、できる家は多様。落ち着いた雰囲気の伝統構法の家から、スタイリッシュでモダンなテイストの家まで、さまざまな形を実現してきました。

住まい手の声

宮内建築で建てた家に住んでいる人に聞いてみました!

記憶を継ぐ家 インタビュー

伝統構法をユネスコ無形文化遺産に!

大工の代表として、伝統の技を未来につなげるためにがんばっています。職人宣言を行いました。