飯道山を望む家:四寸角挟み梁工法

挾み梁工法と石場建ての家

間伐材利用として宮内建築で考案して特許も取った「挾み梁工法」と、伝統構法の真髄ともいえる独立基礎の上に柱が建つ「石場建て」を採用しながらも、モダンでスタイリッシュな家です。

飯道山を望む家4
金物を使わない木組みでここまで開放的な空間を実現する方法は、板倉構法・四寸角挟み梁工法・石場建ての組み合わせしかありません。

飯道山を望む家2
「飯道山を見ながら暮らしたい」という施主さんの要望を生かす。それがこの家の肝となりました。室内と広いデッキとが、ひとつながりになった一体感がたまりません。

飯道山を望む家6
三角と四角とが織りなすリズムが、スタイリッシュな外観を成しています。

飯道山を望む家8
横から見たところ。挟み梁が積層していって、屋根の勾配を作っています。足元は、礎石に柱を直接置く「石場建て」です。

飯道山を望む家10
家の隅に、床に埋め込んだ浴槽があり、お風呂に入りながら素晴らしい眺望を満喫できます。

飯道山を望む家12
これが四寸角挟み梁工法。四寸角の梁を向かい合わせ、両方からつなぎ材を挟み込みます。高さ違いで二組の梁がつなぎ材を挟むことを、どんどん繰り返していくことで、柱を立てることなく、梁材を延長していくことができます。耐力を保ちながら、長いスパンを飛ばせるのが、利点で、伝統木造で広い開放的な空間を造り出すのに効果的な方法です。

飯道山を望む家15
開放的なリビングにメイスンリーストーブと、リビングに面しているオープンキッチン。

飯道山を望む家17
梁から三本レールの鴨居を吊り、障子をたてて囲った四畳半の和室。

飯道山を望む家19
障子を閉めると、このように行灯になります。

飯道山を望む家20
広いデッキと、深く出た軒が、雨風から家を守りつつ、冬の陽射しを取り込みます。

飯道山を望む家
夜、ライトアップすると、ガラス越しにライトアップされた挟み梁の木組みが綺麗です。



施工例一覧


  • 東矢倉 石場建ての家


  • 天川の風が吹く家


  • 栗東六地蔵の家


  • ピアノの蔵


  • 矢島のLiblos


  • 信楽のまあるい家


  • 北山台のバイク乗りの家


  • 記憶を継ぐ家:石場建て


  • 近江八幡の座敷蔵再生


  • 守山市小島町の介護を見据えた家


  • 石山寺の空を望む家


  • 今出川の家


  • 飯道山を望む家:四寸角挟み梁工法


  • 京町の家:四寸角挟み梁工法


  • 南郷洗井堰の離れ 美濃屋:石場建て


  • 長浜の家:土壁


  • 鉄道ファンの夢を叶えた家


  • 奈良市右京の光あふれる家


  • 国分の家


  • 釜座通りの家:現代の京町家


  • 南郷洗井堰の家


  • 甲賀大鳥居の家


  • 栗東中沢の家